http://www.suzuki-accessory.com/jimny/HTML5/pc.html#/page/2

ジープに似たボティだけれど軽自動車で、1970年から販売され続けてきた大人気のジムニーですが、2018年6月に新型ジムニーが発表されました。
今回は、皆さんが気になっている新型ジムニーについてご紹介します。
納車状況や納期にはどれくらい時間がかかるのか、目安にもなるのでぜひ一読してみてください。

スポンサードリンク

【スズキ・新型ジムニー】気になる納車はいつになるの?納車情報について。

20186月にスズキから新型ジムニーが発表されましたが、その時から既に話題となっていました。
実は、ジムニーの歴史を見てみると1970年から様々なモデルチェンジをして、1998年に旧型ジムニーの発表を最後となっていました。

そして今回、20年ぶりにフルモデルチェンジが行われました。
スズキのジムニーといえば、軽には珍しい本格的な4WD車なので、オフロードの道でも軽々と走行する事が出来ます。

そのため、アウトドアは好きだけど小さい車が欲しい人にはお勧めの車です。
また、熱狂的なファンが多い車としても知られており、某スズキディーラーにお話を伺うと予約の時点で年間生産台数を上回ったとの事でした。
また、メルセデス・ベンツのゲレンデヴァーゲンに見た目が似ていると、一部でも話題となっていることも注文数が多くなっている要因だと言われています。

それだけ人気な新型ジムニーですが、実際の納車状況はどのようになっているのか気になりますよね。
ここでは、スズキの新型ジムニーの納車状況をご紹介します。

上記で出てきた某スズキディーラーに聞いてみたところ、予約が始まった当初は納車するまでに最長で1年以上かかってしまうとの事でした。
現時点でも生産工場が頑張っているようですが、今予約している方は最長で大体1年程度で納車する事が可能とのことです。

今、この原稿を執筆している時点で、様々な自動車雑誌やwebなどで新型ジムニーの紹介がされ、試乗会にも熱が出ています。
そのため、これからスズキの新型ジムニーを予約すると、納車までには最低でも1はかかると思っておいてください。

もしかすると、納車までにかなりの時間を待たされてしまう可能性もあります。
なるべく早く、新型ジムニーを手に入れたいという方は、出来るだけ早く注文することを強くお勧めします。

 

現在、注文してから1年程度で納車予定の新型ジムニーですが納車された時、最初にすることはなんだと思いますか?
もし、愛車を乗り換えるのであれば、納車当日にディーラーで下取りをしてもらう事が必要になります。ディーラーで下取りをしてもらう前に、自分の愛車がいくら位で買い取ってもらえるのかは、車の一括査定サイトで確認する事ができるので、一度は使ってみてください。

そして、愛車の下取りも大切ですが、まずは車の任意保険に加入しましょう。
自動車保険の種類は沢山ありますが、今自分はどのような内容の自動車保険に加入しているのかをしっかりと確認をして、見直しをしてくださいね。

スポンサードリンク

新型ジムニーの納期遅れが気になる!大体の目安はどれくらい?

納車されるまでに時間があるので、その間にする事は色々ありますが、まずはカタログをしっかりと見て、どのような装飾にするのか考えましょう。
自分が注文した新型ジムニーの色に合わせて、ホイールやタイヤ、ハンドルカバーを選んだりして納車までの時間を過ごしましょう。

スズキから出ている純正アクセサリーもあるので、カタログを見て選ぶのもいいかもしれません。
また、新型ジムニーを注文したお店によっては、ドライブレコーダーやエンジンスターターを追加でつけてくれる店舗もあるので検討してみましょう。
あおり運転などの危険運転や事故にあった際に、証拠として警察に提出する事ができるので、近年ドライブレコーダーを装着する方は増えています。

この機会に検討してみてはいかがでしょうか?

エンジンスターターは遠隔操作でエンジンをかける事ができるので、冬場は特に便利です。
出かける少し前にエンジンを動かす事ができるので、車に乗って出かけるときにはすでにエンジンが温まっている状態で出発する事ができます。

このように装飾を選んだり、考えたりするのもいいですが、一番はカタログを眺めながらどこに行こうかなどを考えてワクワクしましょう。
やはり、自分が乗りたい車だからこそ納車までの時間が少し長くても、楽しみに待つ事が出来ます。

もし、納車待ちの時にどうしても待てないと思った時は、一度スズキのお店に行って試乗させてもらうのもお勧めです。

 

やはり気になるのは新型ジムニーの納期についてです。

今現在、生産台数が注文台数に追いついていません。
せっかく新型ジムニーを注文したのに、納期がわからないのでモヤモヤしている人も多くいると思います。

また、これから新型ジムニーを契約しようと思うけれど、納車までにどれくらいの時間がかかるのかわからないと契約しにくいという方も多いはずです。
ここでは、新型ジムニーの納期・目安についてご紹介します。

 

今の時点での新型ジムニーの納期を、某スズキディーラーに聞いてみたところ、約1年は確実にかかるみたいです。
先行予約をしていた方々は納期が比較的早かったので、7月の半ばには乗っている人も見かけました。

今の愛車から乗り換えをしないで、セカンドカーとして新型ジムニーを購入するのであれば、約1年という納期を待つことはできると思います。
しかし、通常でしたら今乗っている車を下取りに出す事などを考えたりすると、納期までに1年以上待たされてしまうというのは気が気でなくなってしまいますよね。

スズキとしても、今現在の状況を改善しようと、様々な指示が出されており、今後は納期が早まって来る可能性が非常に高くなっています。
指示の中には、新型ジムニーの生産ラインが1本から2本に増設される事もあり、生産台数は2倍に増えると予測されます。
そうなってくると、納期までに約1年かかると言われていた新型ジムニーが、約6ヶ月程度で手元に届くようになりますね。

今後、新型ジムニーの人気はどこまで続くかわかりませんが、スズキとしてもいち早く注文者の皆さんの手元に届けられるように手を打って来るので、納期が早まることには期待できます。
1つ注意点ですが、オプションのつけ過ぎには気をつけてくださいね。
実は、オプションをつけ過ぎてしまうと納期が大幅に遅れてしまう場合があるんです。

新型ジムニーを先行予約したのに、まだ手元に届かないという方がいるので聞いてみたところ、オプションを沢山つけていました。
オプションに関しては、妥協する必要はありませんが、あれもこれもと沢山つけ過ぎてしまうと、後々後悔してしまうことに繋がってしまうので注意してくださいね。

カタログをしっかりと見て、本当に必要なのかを考えてオプションをつけるようにして下さい。
納期についてはディーラーなどのお店に任せっきりにせずに、受注の状況や納期の流れについて聞いておくと、お互いの行き違いをなくす事ができるので、聞くようにしましょう。

ディーラーとしてもいち早く契約者の手元に届けられるようにしているので、納期の確認は冷静に聞くようにしてください。
こまめな連絡は効果的ですが、無理強いはしないで確認する事が大切です。

おすすめの記事